カーオーディオ、カーインテリア、カーコーティング、カーセキュリティ、バイクカスタム、チューニング、板金塗装、エアロ取り付け、公認車検、車の一般整備のことなら、東京都青梅市にあります尾林ファクトリーにお任せください。

◆ ワックス(WAX )/ ◆ ポリマー系 / ◆ ガラス系 / ◆ ガラス

カーコーティングには、「ワックス/ポリマー系/ガラス系/ガラス」というような区分があります。 製品によって異なる場合もありますが、それぞれ特長や弱点があります。 あなたの日常のカーライフに合わせてコーティングを選ぶことが大切です。
中でも大きくわけるとポリマー系コーティング、ガラス系コーティングの2種類があります。

ポリマー系コーティング  

 

ポリマーコーティングとは、車の表面にシリコンやフッ素などを含んだ高分子化合物を塗ってボディ全体を保護する加工のことです。ポリマーコーティングを施工することで、細かなキズが目立たなくなり、美しい光沢や艶が実現します。また、撥水効果を得られ、見た目にも満足感を得られます。

メリット

○光沢や撥水効果が得られる
○キズが目立たなくなる
○施工料金が安い

デメリット

●効果の持続期間が短い(半年~1年程度)
●定期的な再施工(メンテナンス)が必要

 
ガラス系コーティング  

 

ガラスコーティングとは車の表面に強固なガラス被膜を形成し、ボディ全体を保護する加工のことです。ガラスコーティングを施工することで新車のような輝き、深い艶を実現することができます。 また同時に汚れの付着を軽減したり、ボディの劣化を防ぐ効果もあります。メンテナンスも楽で簡単な汚れなら雨や水洗いで汚れが落とせます。

メリット

○強固な保護膜を形成する
○「艶」「光沢」など深い輝きを得られる
○効果の持続期間が長い(3年~5年)

デメリット

●施工に時間がかかる
●定期的なメンテナンスが必要
●施工料金が高い

 

ガラスコーティングの中にも種類があり、それぞれ特長が異なります。
普段車をご利用になる環境や車庫などの保管環境などの条件によって
適したコーティングを選びましょう!

 
撥水性

水をかけたときにキレイな水の玉になって流れ落ち、見た目の満足感は高く、コーティングの王道ともいえるものです。水玉がボディーに焼き付き、ウォータースポットが付きやすいというリスクがあるため、保管状況や日々のメンテナンスが重要になります。

親水性

水をかけたときにキレイな水の玉になって流れ落ち、見た目の満足感は高く、コーティングの王道ともいえるものです。 水玉がボディーに焼き付き、ウォータースポットが付きやすいというリスクがあるため、保管状況や日々のメンテナンスが重要になります。

滑水性

水をかけたときにキレイな水の玉になって流れ落ち、見た目の満足感は高く、コーティングの王道ともいえるものです。 水玉がボディーに焼き付き、ウォータースポットが付きやすいというリスクがあるため、保管状況や日々のメンテナンスが重要になります。